歴史ある2つの占術

西洋占星術と九星気学の2つは歴史ある占術ですが、2つともその性質は大きく違いますし、似ているところはあれどベースとなっているものも違います。では、この2つはどういった違いがあるのか説明していきたいと思います。

西洋占星術と九星気学の違い

西洋占星術

西洋占星術は、よく聞くてんびん座やみずがめ座といった12星座占いのことです。西洋占星術は4つの「火・土・風・水」に分かれています。星座だけではなく、9つの天体の動きなども考慮して行うのでとても緻密な占星術でもあります。

九星気学

九星気学は、中国で誕生した東洋占術をベースにした日本独自の占術です。陰陽五行説の「木・土・火・金・水」を取り入れています。本命星といって自分の軸となる星から運勢を見ていくことができます。

今年の運勢を知っておこう

パワーストーン

2019年もスタートを切り、今年は平成の年号も変わる節目の年となり世の中が大きく変わります。そういう年はあなた自身にもなにかしらの影響は必ず起きてきます。ですから、自分の今年1年の運勢を知って、どんな過ごし方をしていくか目標を立てていきましょう。運勢を知るには、占いが有効です。今は、九星気学や西洋占星術、タロットカードや干支占いに手相占いなど様々な占いが存在します。どれが一番当たるかは、占い師の読みにもよりますしあなたの知りたい内容に合った占術を選べば当たる確率も高くなります。ですが、占いに詳しくないとわからないですよね。そう思っている方は、統計学を元にした九星気学や手相占い、西洋占星術などを利用してみると良いですよ。

簡単に調べられる九星気学

九星気学は、東洋占星術で生年月日さえ分かれば占うことができます。統計学を元に占術を行っており、九星気学という数字の通り、9つのタイプに分けることができます。天と地の要素を組み合わせた運勢占いで、1~9の数字とそこに五行説を交えた自然界の法則に従って行っていきます。占える内容は、あなたの性格や人生の運気だけではなく、2019年の運気はもちろん恋愛運や仕事運、気になる人との相性を知ることができます。

実際に占ってみる

今はインターネットでも無料で簡単に占える手段はたくさんあります。まずは、実際に占ってみることをおすすめします。九星気学で吉方位なども知ることができますから、2019年の吉方位や凶方位を知っておけば、旅行の際や引っ越しの際に役立ちます。こうして生活の中で役立てたり、人生をより良くする手段として占いは活用しましょう。

言霊の使い方を徹底リサーチ☆
幸運を引き寄せよう♪

広告募集中